木材

木を切って捨てる

自宅の庭にとても大きな木が生えていたり、根が張ってしまいなんとかしたいなら、地元の木の伐採業者に依頼しましょう。埼玉県在住なら埼玉県の専門業者が良いですが、伐採費用がどれくらいかかるのか事前に見積もりを確認した上で、正式に依頼しましょう。

詳しく見る

なぜ人気があるのか

多肉植物

コレクター心をくすぐる

ここ数年園芸業界のトレンドとなっているのが、多肉植物と呼ばれる乾燥地帯に自生する植物の種類です。今では花屋さんだけでなく、植物と関係ないインテリアショップや雑貨屋さんなどでも市販されるほど人気があります。ではどうして多肉植物がここまで人気になったのでしょうか。まず一つに多肉植物特有の見た目、という要素があります。水の少ない乾燥した場所に適応した植物なので、水を蓄えられるように茎や葉が肉厚でぷっくりしています。丸みを帯びた柔らかなフォルムは、キャラクターのような愛らしさがあり、特に女性からの支持を集める結果となっています。さらに種類が豊富であることが、コレクター心をくすぐるというのも大きな要素です。中には多肉植物だけを集めて育てているマニアも少なくありません。多肉植物は世界各地に自生しているので、見た目は勿論その生態にも個性があります。ブームも相まって、世界中から多種多様な多肉植物が日本に輸入されており、珍しい種類も手に入りやすくなっています。また小さい物だと掌に収まるサイズの小鉢で市販されているので、小さな部屋でもコレクションしやすいのもポイントです。そして育て方が容易なのも、忘れてはいけない人気のポイントです。詳細な育て方は品種ごとに様々ですが、基本的な育て方としては風通しと日当りの良い場所に置いて、週に1回程度水やりをするだけです。複雑な育て方をせず長い間放っておいても枯れにくいので、一人暮らしや共働き世帯など日常的な世話が難しい家庭でも無理なく育てられます。植物に癒しを求める人にとって、手軽に管理できる多肉植物はメリットの豊富な植物と言えます。

芝

芝生の張り方と費用

庭への芝張りを自分で行う際には、芝生自体の価格に加えて砂や培養土・目土等の材料とスコップ等の道具が必要です。芝張り費用のうち芝生の価格は日本芝だと1束500円程度ですが、西洋芝はおよそ倍かかります。芝張り作業をプロの造園業者に依頼した場合の費用は、1平方メートル3千円から1万円が平均的な相場です。

詳しく見る

芝

上手な敷き方

人工芝はほとんど手入れをしなくても良いのがメリットですが、そのためにはきちんと敷いておかなければいけません。まず下地となる場所の石や雑草を取り除き、平らに踏み固めます。その後防草シートを敷いて固定して、人工芝をのせていきましょう。

詳しく見る

多肉植物

夏冬は注意して

多肉植物の育て方はかなり簡単なので初心者でも比較的ハードルが低い植物です。水やりと日光にあてることがポイントですが、夏冬に水をあげすぎると根腐れをおこすのでその点にだけ注意しなければなりません。また小さすぎる鉢も根腐れの原因となります。

詳しく見る

伐採

自分では対応できないこと

自宅の庭がそれなりに広ければ、手入れが大変でしょう。若いうちは良いかもしれませんが、年齢を重ねていくと結構ハードワークになります。埼玉に住んでいるなら、地元で木の伐採やその他作業を行ってくれる業者に依頼します。地元の業者は親切度が高くて使いやすいです。

詳しく見る